※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Copyright(C) GCREST, Inc. All Rights Reserved.



プレイヤーの名前:作師華彩

キャラクターの名前: ナギサ・ソルシエール

年齢:13歳くらい

性別:女(見た目は中性的)

種族:魔女の血筋の人間

職業・なりわい:魔女見習い

誕生月: 白鳥の月

外見的特徴・ヴィジュアルイメージ:
気の弱い男の子のようにも思える。
いかにも「魔法使いです」といった服装をしたかわいい子供。
身長140cmと年齢の割に小柄。


性格:
引っ込み思案で少しおどおどしている。何かと不安そうなうな顔をしていることが多い。

一人称・二人称・話し方:
一人称:ボク 二人称:あなた、名前にさん付け 
話し方:どこかたどたどしい。 「ふえぇ…」と気の抜けた声を出すことが多い。


所持能力:

  • 1.イーマーンタウィーザの加護 80ポイント(超人)
 職人が丹精込めて作ったものや、とても大切に使われている物に「1度だけ主の危機を回避・緩和する」という加護を付与する。
 1つのものに重ね掛けはできないが、効果のなくなったものに再び加護をつけることはできる。
 (しかし同じものに付けるには1週間、間を置く必要がある)
 1日に使える限度は3回まで。(1日1回分回復する)
 加護のついたアイテムは、その間加護を受けた物を守る効果も発揮する。
 (具体的には加護を受けた時点での状態の維持。)
 加護のついたモノには、どこかに小さく肉球のマークが付く。
 (※例外として、使い魔の生み出したものは条件に当てはまらなくても加護をつけられる。)


  • 2.魔女の秘薬 20ポイント(得意)
 不老不死の妙薬…ではなく、傷口を塞ぐ魔法の薬。
 ちょっとした傷なら塗るだけで治る。
 大きな傷に対しては表面の皮膚のみ再生する。(無理に動かせば傷口が開く)
 おとぎ話の魔女のように鍋でグツグツと何かを煮て作っているので使うのに少し勇気がいる。

  • 3.“魔法使い”らしさ -10ポイント
 絵本や物語に出てくるような「魔法使い」とはかけ離れている。
 人を操ったり、毒りんごで眠らせたり、王子様カエルに変えたり、満月の夜笑いながら飛び回ったりとかしない。
 それどころか、箒で空を飛ぶことも魔法で火をおこしたりものを浮かせたりすることもできない。

  • 4.人前に出る -5ポイント
 大勢の人がいる前に立ったり、人に注目されるのが苦手。
 「ふえぇ…><。」と半泣きになってしまう。

残り  0ポイント


大切なもの:使い魔の猫であり幼なじみである ルークス・フェーレス、だれかの大切な物

詳細設定:
代々優秀な魔法使いが生まれる家系に生まれた子供。
しかし、魔法らしい魔法が使えず、落ちこぼれのレッテルを貼られている。
そのせいかどこかおどおどして自己主張に乏しい。

才能が0ではないのだが、当人があまりにも自信がなく、いいところも持っているのに卑屈になっているのを見かねた祖母により、1人立ちを命じられる。
故郷を離れて修行をしてこいと、どこにでもありそうなことを言われて家から放り出され、ガーディアスの街に流れ着いた。

故郷は広く魔法が普及している比較的裕福な街なためか、「道具は使い捨て」という認識が強いらしい。
そんな街にいながら、物を大切にしたいという心をもっていたので変わり者と言われていたようだ。
また、そんな街だったからこそ加護を受けられるものがほとんどなく、「何もできない落ちこぼれ」と周囲から言われてきた。

使い魔のルークスとは幼い頃からの中で、「ルゥ」と呼んでいる。
幼馴染のような存在であるため、あまり主従といった雰囲気はない。
落ちこぼれの見習い魔女の使い魔をしていることを申し訳なく思っており、見習い期間が終わったらもっといい主のもとに付けないものかと考えている。


【イーマーンタウィーザの加護について】 
誰かに大切にされたものや、思いを込めて作られた物の「主を大切にする思い」や「主と共に有りたい」という念のようなものに力を与える魔法。
ぞんざいに扱われてきたものをなんとなく感じ取ることができる。
大量生産で生み出された使い捨ての物にも「人の役に立ちたい」という念は感じ取れるが、それに力を与えることはできない。
(しかし、使い捨てのものであっても大切に扱われていれば加護がつけられる。)

「主を守りたい」という思いから、1度だけ危険を回避・緩和する効果が生まれる。
道具の性格のようなものも持ち主に似るのか、「石につまづいて転ぶ」だけで効果が発動する人もいれば、「命が脅かされるほどの危機」でしか発動しない場合もある。
希に、近くにいる主の大切な人の危機を回避・緩和することもある。
(具体的な部分は加護をつけたアイテムの持ち主に中の人に任せます。)

「主と共に有りたい」という思いから、加護を受けた時点での状態を維持する効果が生まれる。
加護が消えない限りは月日が流れることによる劣化や、衝撃などによる傷を防ぐ。

加護を受けたアイテムには、その証として「猫の肉球のようなマーク」がつく。
目立たない場所につくことが多い。
加護の能力発動時にマークは消える。


【魔法アイテムに対するイーマーンタウィーザの加護】
現時点で、使い魔であるルークス・フェーレスが魔法で生み出した物にのみ、例外として加護が付与できる。

この場合、「加護を受けた時点での状態維持」により、生み出されたアイテムの持続時間が延長される。
(しかし完全に「そのままの状態を維持」することはできず、チャット時間の3日ほどで消えてしまう)
しかし、実体を持つアイテムと全く同じとはいかないらしく、衝撃などで傷がつきやすい。
特に、加護を受けた印である肉球マークが非常に消えやすい。
肉球マークを傷つけられると加護の効果が消え、魔法で生み出されたものも同時に消えてしまう。
また、加護の効果が発動すると、状態維持の効果もなくなるためアイテムは消えてしまう。


【イーマーンタウィーザの加護について注意点】
加護を受ける際、「話し合いスレッド」なので効果などの話し合い・確認をさせてください。
(どの程度のことで加護が発動するのかなど。)
また、キャラデータの詳細欄に加護を受けたアイテムを持っているという趣旨の記述をお願いします。
(記述がないとイベントなどで加護の効果が得られない場合があります)

【現在「イーマーンタウィーザの加護」を受けたアイテムを持っている方】
(ここにまとめとして書きますが、受けた方も詳細設定に書くようにしてください)