※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハートのラビリンス 1つめの試練「二つの檻と一つの鍵」 (2015年 2月5日)

(画像準備中)



  扉に入ったとたん、周囲の景色が一変した。
  入った扉は、跡形も無く消えている。

  突然、二人の頭上に、がしゃんと檻が振ってきた!
  別々に閉じ込められてしまったようだ。

  同時に、鍵も一個落ちてきた。
  二人の檻のちょうど真ん中にある。
  鍵には「使い捨て」というタグが付いている。

  手を伸ばしたくらいでは鍵には届かない。



ヘイル:うお!?(さすがに檻がくるとは思っておらず、驚いた様子)
 ミャオさーん、怪我ないですか?

ミヤオ:(驚きつつヘイルに)俺は平気ー。

ヘイル:(檻の中でがしゃがしゃと足掻いてみるが、やがて鍵のタグに気付き)
 ……はっ、なるほどねぇ。(試練の意図を知り肩を竦める)
 ミャオさん、先にコレ(檻)中から壊せないか、試してみますね〜。

ミヤオ:うん、りょーかい

ヘイル:(レコナーの杖を構え、ミヤオとは反対方向に向く)アサルト!!


  ヘイルは、檻を破壊すべく魔力の矢を放った。
  アサルトが檻の一部をゆがめた!
  しかし、一撃では、脱出できるほど檻にダメージを与えられていない。


ミヤオ:……(南京錠が檻にかかってないか探す)


  南京錠ではなく、魔力鍵がかかっている。
  檻全体を覆っているようで、解除鍵がなければ脱出は難しそうだ。


ミヤオ:(心:溶かすのは無理か…ヘイルを信じて待つのが良さそう。)


  ミヤオは、ダメもとで檻の下の方に触れ、毒で溶かせないか一つ毒を放った。
  ミヤオの毒は、少しは檻の材質にダメージを与えたようだが、脱出するまでには至らない。


ヘイル:(檻の様子を見て)……オーケー、ならば何度だって……
 アサルト!!!!(一撃目で歪んだ箇所をアサルトで狙い撃つ)


  また少し、アサルトで檻がゆがんだ。
  あと4~5回繰り返せば、破壊できそうだ。
  しかしヘイルの疲労はかなりのものになるだろう。


ミヤオ:(ヘイルの様子をみて)頑丈ね…

ヘイル:ええ、全く。
 ……何が「危険はない」だよ。
 道具も攻撃手段も持たない一般人だったら、どうなっていた事か……っと。


  体力の限界は、ヘイル自身がよく知っている。それでも杖を構えて、脱出出来るまでアサルトを撃った。
  何発のアサルトを打ったか…。
  とうとう檻が壊れた!!
  しかし、ヘイルは、立っているのもやっとで、目の前が暗くなりかけている。
  魔力の使いすぎだ…。


ミヤオ:ちょ、ヘイルッ!
 …っ(尻尾で鍵をたぐり寄せる)


  ミヤオは鍵を手に入れた!
  魔力鍵が差し込める鍵穴はすぐに見つかった。
  鍵を差し込んで回すと、檻の4面のうち一面が消失した。
  檻の鍵を使った瞬間、空間に「扉」があらわれた。
  これを抜ければ出られそうだ。


ミヤオ:ヘイル!(急いで檻から出て、ヘイルの檻の中へ)
 ごめん…ありがと…(耳を伏せて心配そうな顔)


  ミヤオが檻から出て来るのを見て、ヘイルは安心したのか、地面に膝をついた。


ヘイル:(杖を使ってよろよろミヤオのほうへ向かう)
 ………っ。
 ……残念、だなぁ……あはは。
 ……僕が、カッコ良く鍵を開けたかったのに……。(肩で息をしながら、情けなく笑う)

ミヤオ:(ヘイルを支える)もぅ、十分かっこいいよ…
 無茶させてごめん…ありがとう…
 しばらく休む?(心配そうに顔を少し覗き込むようにして)

ヘイル: …………。(寄りかかったまま手を伸ばし、ミヤオの髪に触れ)
 ……ええ、少し休憩しましょう。(宥めるような声で、穏やかに微笑み)

ミヤオ:(目を細め、尻尾が大きく揺れた)
 うん。(微笑む)
 あー…このままの体勢が良い?それとも横になった方が楽?
 体重かけていいし、枕代わりに膝でも尻尾でもかすけど…。

ヘイル:(尻尾の動きを見て、くすりと微笑みながら)
 あはは……。
 立ったままだとミャオさんもしんどいでしょうから、
 少し横になりましょうか。
 そうだな……、じゃあ膝を貸してもらおうかな?
 それで尻尾をこの腕の中に収める事が出来たら最高だ。(冗談っぽく笑って)

ミヤオ:ふふ、じゃあ膝と尻尾かすわ(くすくす笑い、ゆっくり体勢を変えて、膝枕)
 はい(尻尾をヘイルの上にもふりと持っていく)

ヘイル:(ミヤオの膝に後頭部を乗せ、尻尾に触れる)
 あー……。
 僕、いま間違いなく世界で一番の幸せを噛み締めてる……。
 (温泉で洗いたての尻尾の感触を堪能してご満悦)
 ……次の試練がどんなものか知らないけど、
 こんなご褒美が待っているなら、何がきたって怖くないや。(ミヤオの顔を見上げながら、ぽつり)

ミヤオ:ふふ、ヘイルにそう言ってもらえると嬉しいわ(ヘイルの髪をそれとなく撫でてみる)
 ご褒美になってる?(くすりと笑い)
 まぁ…あんまり無茶しないでね?俺も頑張るからさ。(ヘイルを見つめ、目を細め少し困ったような顔で微笑む)

ヘイル:(髪を撫でられると予想していなかったのか、少し目を見開き、すぐに閉じると)
 あー……ダメですよ、ミャオさん。
 あんまりここでサービスしちゃあ。
 次の試練のご褒美、もっと欲が出ちゃうじゃないですか(あくまでいつも通りの軽い口調で)

ミヤオ:あら、そう?
 つい触りたくなってね。(くすくす)

ヘイル:(微笑むミヤオを見つめながら)
 ま、僕もミャオさんの尻尾を散々触ってきてるから、
 文句は言えないか。(降参したように笑う)
 あはは、心配させちゃってごめんなさい。
 次は……そうですね、
 もっとスマートに乗り越えられるように頑張ります。
 ……ミャオさんの事も、頼りにしていますから。(安心させるように微笑む)

ミヤオ:ありがと、お互い頑張ろ。

ヘイル:さて、そろそろ次に行きますか?(名残惜しいのか、頭を膝に乗せたまま、次の扉に視線を遣る)

ミヤオ:そうね、行きましょ。
(ヘイルの肩をぽんっと軽く叩く)歩けそう?

ヘイル:(上体を起こす)ええ、だいぶ元気も貰いましたし、まだまだ行けます!
 次も、頑張りましょう!(ぺちぺちと頬を軽く叩く)


  二人は扉を抜けた。
  再び広がるラビリンス。ヘイルの疲労は完全に回復していた。
  まるで、全てが幻だったかのように。
  しかし、扉の中で交わされた会話と想いまで消え去ることはない。
  試練はあと、2つ…。