※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハートのラビリンス 2つめの試練「何も持たぬ光の玉」 (2015年 2月5日)

(画像準備中)



  再び薄い空色の迷宮をさまよい…。
  また、扉が現れた。
  これを開ければ、また何かがあるのだろう。
  しかし、どのルートを通っても、きっとどこかの扉にたどり着くと思われる。


フィニ:今度は何があるのかしら。


  扉に入ったとたん、周囲の景色が一変した。
  入った扉は、跡形も無く消えている。

  不思議な場所だ。
  床がなく、空間に浮いている感じだ。
  灰色の雲の中にいるような、靄がかった景色…。

  二人の前に、握りこぶし大の、蛍のようにささやかに光る玉が浮いている。


光の玉:だれか、いるの…?
 ねえ、おねがい。
 なにか、ちょうだい。
 いまからうまれるの。もうすぐ、おかあさんからでるところなの。
 でも、なにももってないの。
 かみさま、ふうせん、くれなかったの。

 なんでもいいから、ちょうだい?


   加護を持たない…魂…!?


フィニ:(光の玉の言葉を聞いて)まあ、それは大変!
 どうしたらいいかしら?
 私達でも何かあげられる?
 さっきグミさんたちも出てきたし、今ハートあると思うの!
 出たらすぐにハートを運んでくれるようにお願いできるのに。 
 (アルバーンに)さっき買った布で包んであげたらどうかしら?  
 出来るかどうかは分からないけれど、愛情込めて選んだもの。

アルバーン:今生まれるのか?それは大変だ!
 ハート…。私達がこの部屋を出たら、間に合わないかも知れない…。
 今ここにあるもので、どうにかしよう。
 私達にできることを…。
 (フィニの提案を聞いて)それはいいな!
 布はまた買えばいい。
 あなたが愛を込めて選んだ布だ。
 きっと、この子を守ってくれる。


  アルバーンは、布を広げて光の玉をふわりと包み込んだ。


アルバーン:この布を…。
 まだ生まれる前だが、あなたの産着に。
 心から祈ろう。あなたが幸せな人生を送ることを。
 今日が、あなたの誕生日なのだな。
 Happy Birthday…。小さなあなたと、いつか会えることを願って…。

フィニ:(光の玉に)お誕生日おめでとう。
 元気に産まれて、育ってね。
 あなたにたくさんの幸せがこれからありますように。


光の玉:あったかい…。
 このふわふわも、かけてくれることばも、こころも、あったかいよ…。
 からだ、つめたくて、くるしかったの。

 もう、だいじょうぶ。
 ありがとう。
 あったかいよ…。


   光の玉は微笑むように点滅し、すうっと空間の下に降りていった。
   浮いている二人の目からも見えなくなっていく…。

   気がつくと、二人の前に、扉があらわれていた。


フィニ:(光の玉を微笑みながら見送って)あたたかくなったって・・・
 よかったわ^^
 今頃元気に産声をあげているかしら?

アルバーン:そうだな。元気に産まれたことだろう。
 (フィニのお腹を見て)この子のひとつ年上になるのだな。
 公園で一緒に遊べる日が来れば…いや、きっと来る。
 きっと、出会えるだろう。(微笑む)

 さあ、行こう。
 試練と言うより、私の心も幸せになった気がする。
 次も良いことが起こるといいな。あとひとつだ。


フィニ:そうね、この街で産まれて、いつか一緒に遊んでもらえるといいわね^^
 とても素敵な想像だわ!

 ええ、行きましょう。


  二人は寄り添いながら、扉を開けた。
  この「試練」は、パシオンが用意したものではなく、偶然入り込んだ奇跡だったことを、今の二人は知らない。