※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハートのラビリンス 2つめの試練「アイドルステージ」 (2015年 2月4日)


Copyright(C) GCREST, Inc. All Rights Reserved.


  何だか、舞台のようなところのど真ん中に出てしまったようだ。
  二人はスポットライトを浴びていて、よく見えないが観客席に観客がざわめいている。

  はっと気がつくと。
  ヴィオの格好が、「ロリータツインテのふわふわミニスカドレス」になっている!!
  グミは変化がない。


ヴィオ:えええ!?な、何これ!?
 ちょ、ちょっと嘘ーーっ!!


  観客席から、歓声が飛び交う。見世物状態だ。


グミ:(ライトに目をしばしばさせつつ、ヴィオさんの格好にビクッとした)
 ヴィオさん、やっぱりそういう趣味が・・じゃなくて似合っていますが、すごく見られています。
 (尻尾の先パタパタさせて)これは、もしかしてなにか一芸披露しないといけないのでしょうか。
 (心:前行ったところみたいに、強制的に動かされるのはなさそうでよかった><)


  観客席のど真ん中の通路を抜けた先に、扉が見える。
  あれを開けたら出られそうだ。
  観客の息がかかりそうな距離を通り抜けなければならないが…。


ヴィオ:(涙目)もうやだ…。
 早く出よう!
 この格好、グミさんだったら可愛く似合ったのに!

グミ:(しっぽを大きく揺らして)すごく似合っていますよ。
 大丈夫、かわいいです(にこ)
 うーん、ただ歩いたらなんか不自然で文句言われそう。
 (ヴィオさんの手を取って)
 手を振りながら歩いていきましょう。
 それだったらすごく自然に行けます。


  グミは、観客に向かってとりあえずペコリとお辞儀して、ヴィオの手を握って軽く手を振りながら扉へ向かって歩いていく。


ヴィオ:グミさんがなんだか楽しそう…。
 僕、僕、男の子だからね!!


   二人が観客の間の通路を歩き始めた瞬間。
   観客が大声で歓声を上げ、ヴィオに向かって手を伸ばした。
   観客の顔は見えない。影のような黒い手が、ヴィオの服を掴み、一部を破いてむしり取った。


ヴィオ:わっ!や、やめて!!


   さらに興奮する観客達。
   ヴィオの服はぼろぼろに破かれ、切れ端を奪われていく。
   まるで、アイドルに群がる、礼儀のなってない熱狂的ファンのようだ。
   髪の毛にも手が伸び、ぶちぶちっと何本かをむしった。


ヴィオ:痛い!痛いよ!やめて!!

グミ:(襲われているヴィオさんを見て耳と尻尾を太くして逆立てながら)
 (心:Σ(´□` ) ハゥ ・・・・ っ変態だーー)ヴィオさんがはげちゃうー!!


  グミは、慌てて覆いかぶさるようにヴィオをかばって、かばいきれない部分は変態(=観客)の手に風を強めに送って、触れないようにしながら駆け足で扉へ向かった。
  ヴィオをかばうと、グミにも容赦の無い手が伸びた。
  グミの服も破られてちぎられていく。


ヴィオ:だめ、グミさんは女の子だから、だめーーー!!
 僕はパンツをはぎとられたっていいよ!でも、グミさんだけはだめ!!!


  自分をかばうグミを抱え上げ、手が追いつけない早さのダッシュで扉に向かい、転がり込むように扉を開けて外に出た。


グミ:わああっ(抱き上げられたことと速さにびっくり)


  扉を抜けると、薄い空色の壁の迷宮に戻った。
  互いの服は普通に戻っている。
  今までのことが幻だったかのように…。


グミ:・・・・っはぁ。
 ヴィオさん大丈夫ですか。
 変態さんがたくさんいてびっくりして怖かったです。
 (ぎゅうっとだきしめてあたまなでなで)ヴィオさんが裸にならなくてよかったです。
 僕は大丈夫だから(鼻の頭をくっつけてスリスリ)

ヴィオ:うん…すごい変態の群れだった…怖かった…。
 でも、変な格好になったのが僕で良かった。
 かなり痛かったよ^^;
 (ぎゅうっとグミを抱きしめて)グミさんが裸になったら、僕が嫌だ。
 誰かに見られたくない。
 裸はね、その…。成人したら、大事な人にしか見せちゃいけないんだよ。
 たとえ幻の空間でも、あんな屈辱的なやり方で裸にさせられるなんて、絶対、駄目。
 僕で良かったって、本当に思う。


   試練というには、ちょっとおかしい謎の空間だったけれど。
   二人の絆は、さらに深く結びついたようだった。