※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





プレイヤーの名前:琥埜

キャラクターの名前:リフェリア・イジェ(Lifweiyr Ije)

年齢:22歳(多少の童顔)

性別:男性

種族:人(木霊の先祖返り)

職業・なりわい:心地の良い場所を求める放浪者・旅人

誕生月:青馬の月(緑の茂る季節に生まれた)

外見的特徴・ヴィジュアルイメージ:くたびれた帽子にアコーディオンを持った釣り目の青年。
砥粉色の切り揃えられたショートヘアに真っ白な肌。四肢の先が多少の蓬色を帯びている。183cm。
衣装はコロコロ変わるが基本的にワイシャツにベスト、必要ならば上着。おしゃれさん。

性格:慎重で臆病。お人よし。歌うことが何よりも好き。

一人称・二人称・話し方:僕、あなた(君)、敬語を使います。タメ口には慣れない様です。

所持能力:
1.音楽 36ポイント(エリート) 
大好きです。好きなことは常にやっている。そんなイメージ。 
上手くなりたいよりは、もっとやりたい気持ち。 
彼独特の音楽を奏でます。(鍵盤楽器を扱いますが、楽譜はあまり読めません)                

2.記号、文字理解 2ポイント(一応できる) 
楽譜や読み書きができません。(言葉は喋れます。) 
正しくは理解が出来ない、覚えても忘れていまします。 
楽譜は音符を数えながら読む、ピアノやアクセントの様な簡単なものは解ります。
読書は自分の国の言葉以外は出来ません。簡単な単語とABCくらいはかけます。 

3.先祖返り 62ポイント(天才)
体を草木に変化させること。共に五感が優れています。 
耳が特に良いみたいです。 
木霊特有の鳴き声を発することが出来、動物とそれなりの意思疎通が出来ます。
流暢な会話が出来るわけではなく、必要最低限な会話です。イルカの音波(?)と似たようなものですきっと。
人間には高すぎたり小さすぎたりして相当耳が良くないと聞き取れません。(偶然耳に入る事はよくあります。) 

残り 0ポイント

大切なもの:いつもは服の下に隠れて分らないが小さな時計を首から下げている。
くたびれた帽子。
(詳細は彼に聞くと教えてもらえるかもしれない)

詳細設定:
◍{木霊=樹木に宿る精霊}と{人}が先祖に交わった家の子で彼は木霊の先祖返りである。また、その家は薬屋である。
 6人姉弟の末っ子で、彼は家を継がずに自分(心地よく歌を歌える場所)探しの旅に出た。

◍肌が薄い(?)の嬉しくて笑う時など耳まで赤くなったり。

名前の意味:◍どこかの言葉でリフェリアは、人々を病から救った神の花、を意味する名前。そこに伝わるお話の架空上の植物。
木に鈴蘭が枝垂れ桜の様に咲いている見た目。
◍イジェはそこの言葉で薬屋を意味する。
※この言葉は両方とも現実に存在しません。※

木霊が鳴く説は聞いたことがなかったのですが、山びこは木霊の悪戯という説があります。
それを元に色々な音を発して多種生物と意思疎通が出来るのではないかと思い、オリジナル要素として付けました。
(鳴き声は時と場合、個人によって聞こえ方が変わるので、自由に想像して下さると嬉しいです。)