※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

起源 (AD 2730 - AD 8100)

 

New Eden社会で議論が尽くされていたにもかかわらず、我々がワームホールを通ってやってきた地球人が起源であるということを信じない人々がいます。
以下の年表はひろく認められた科学的な学説に基いて構成されています。

 

まあ、あなたがAmarr人なら別ですが。我々は神の創造物以外の何物でもありません。

 

AD 2730

旧地球の太陽系が完全に植民地化される。

 

AD 3691

ワープ技術の発明。

 

AD 3805

「主の合同教会」の一教徒団が太陽系内の Soekhevitiに入植する。

 

AD 3841

教徒団が Soekhevitiの実権を握る。

 

AD 3897

教徒団が権力を失い Soekhevitiを追放される。

 

AD 4224

宇宙船用のワープドライブが開発される。

 

AD 7987

New Edenへと繋がるワームホールの存在が発見される。

 

AD 7989

最初の探検者達がワームホールへ進入。その後まもなく大規模な植民が始まる。

教徒団もまた彼らのリーダーの一人Dano Gheinok に先導されNew Edenへの移住を進める。

Gheinokは彼らをAthraという名の惑星へと導く。そこはVH-451星系の第2惑星で Tau Cetiからの人々によって購入される。

 

AD 7989-8061

New Edenとその近隣星系、星座は急速に植民が進む。

 

AD 7993

VH-451星系の第3惑星が巨大企業によって購入される。その後、小規模な植民地化が始まる。

 

AD 8000

Dano Gheinokは自らを預言者と宣言し、のちのAmarrの基礎を作る。

 

AD 8017

CMS-17星系が発見され、その後Patorと改名。主星Matarはその非常に良好な環境のため急速に植民地化した。

 

AD 8052

Tau Cetiから最後の植民船がEve宇宙が閉じる前に到着する。

 

AD 8061

Eveゲート崩壊。

 

AD 8061

Athraに教徒団最後のグループが到着する。教徒団は全員彼らの国家の名前ともなるAmarrという名の大陸に定住する。

 

AD 8100

New Edenの小規模な植民地は死滅する。大規模な植民地の幾つかはかろうじて免れる。

 

時期不明

Fedo(小型の無脊椎動物の一種)がPalpis6惑星の植民地にて発見され、間もなく利用が始められた。