ロングブレスダイエット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

ロングブレスダイエットとは?

元俳優の美木良介氏提唱の方法で、ゆっくりと長い呼吸を繰り返すことにより、内臓をかこんでいるインナーマッスルなどを鍛え、代謝のよい体をつくるダイエット法。

 

ロングブレスダイエットの原理

①ロングブレスをすることで、インナーマッスルが鍛えられる
②横隔膜を収縮させることで、静脈、動脈に流れている血流を増加させることができ、結果基礎代謝も上がる
③体が温まることと、基礎代謝アップによる相乗効果

 

ロングブレスダイエットの基本姿勢

・お尻にエクボができるくらい力を入れる(肛門を占める)
・足を前後させ、後ろに体重の90%を持ってくる
・上体は常に真っ直ぐで、前のめりにも、反ったりもしない

 

ロングブレスダイエットのやり方 1

 基本姿勢をとる
 息を3秒吸いながら、両手を頭の上に持ってくる
 両手を下に下ろしながら、全身に力をいれ、息を7秒で吐く
  (最初の3秒で強く吐き、残り4秒でゆっくり吐ききる)

 

ロングブレスダイエットのやり方 2

 基本姿勢をとる(今度は足を揃えた状態)
 お腹を凹ませ、お臍の下の“丹田”をお腹と背中から挟むように押さえて息を3秒吸う
3 さらにお腹を凹ませて、全身に力をいれ、息を7秒で吐く
  (最初の3秒で強く吐き、残り4秒でゆっくり吐ききる)


以上の1と2を、最低1日6回ずつ行うことが勧められています。

 

ロングブレスダイエットのやり方 ウォーキング

■基本姿勢
・常にお腹を凹ませたまま
・姿勢はまっすぐ保つ
・腕を後ろに振るとき、肩甲骨を動かすことを意識する

 鼻から息を吸いながら4歩歩く
 口から息を吐きながら4歩歩く
 慣れてきたら、口から吐くときの歩数を増やしていき、8歩にする。

 

座ってできるロングブレスダイエット

 

■基本姿勢
・イスに座る
・膝とかかとを引っ付けてお尻を締める
・お腹を凹ませる

3秒で鼻から息を吸う
15秒で口から息を吐く