脂肪燃焼スープ・ジュースの1週間プログラムダイエット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

脂肪燃焼スープ・ジュースの1週間プログラムダイエットとは?

どうしても早くやせたい人や5kg以上の大幅なダイエットをしたい人におすすめなのが短距離勝負のダイエット。1週間の3食のメニューがきっちり決まっている徹底ダイエットプログラムです。
「より早く、スムーズに効果を出したい」「大幅なダイエットがしたい」という場合、ぜひ試していただきたいのが、「1週間徹底プログラム」です。
このプログラムでは、脂肪燃焼スープはいくら食べてもOK。さらに、朝食に脂肪燃焼ジュースを飲むのがポイントです。
1週間徹底プログラムでは、ジュースとスープ以外にも、7日間の3食にとる食品がきちんと組み立てられています。といっても、特別なものを食べるというわけではありません。例えば、4日目の昼食と夕食にはバナナを、5日目の昼食と夕食にはトマトとお肉をとるという具合です。
このように、ダイエット開始からの日にちに合わせ、そのときの体の状態に必要なものをとることで、より簡単に体質を改善することができます。
基本の脂肪燃焼スープでのダイエットもそうですが、この1週間徹底プログラムも、一般的なダイエットにくらべて「してはいけない」という決まりが少ないダイエットです。食べるメニューが決まっているといっても、ステーキを食べていい日までありますし、ゆで野菜や生野菜を食べるときは、ドレッシングやマヨネーズを使っても構いません。
ダイエットの最大の敵といっても過言ではないのが我慢。そのストレスが、挫折をよび、大きなリバウンドを招くことになるのです。その点、このプログラムは、厳しい食事制限などがないので、無理なくつづけられます。

脂肪燃焼スープとは?

※脂肪燃焼ジュースとは?

 

 

脂肪燃焼スープ・ジュースの1週間プログラムダイエットのやり方

 食事は「1週間徹底プログラムスケジュール表」のメニューを取り入れてください。脂肪燃焼スープは最低1杯は食べましょう。もっと食べられるようなら、好きなだけ食べて構いません。

 水分は毎日1.5~2Lとるようにしましょう。毒素排出の手助けをしてくれます。

 体を冷やす働きのある冷水(氷水)や緑茶、コーヒーのとりすぎには注意。ビワ茶、番茶、シソ茶がおすすめです。

 1日にとる果物の量は、リンゴなら1個、ミカンなら3個程度を目安に。とりすぎには要注意。

 

  +α
1日目
果物の日
脂肪燃焼ジュース 脂肪燃焼スープor 
ゆで野菜・生野菜(野菜の種類は自由。バターや油は使わない)
脂肪燃焼スープ バナナ以外の果物は食べてOK
2日目
お芋の日
脂肪燃焼ジュース 脂肪燃焼スープor 
ゆで野菜・生野菜(野菜の種類は自由。バターや油は使わない)
脂肪燃焼スープ 夕食時にゆでたジャガイモかサツマイモを好きなだけ食べてOK
3日目
果物・野菜の日
脂肪燃焼ジュース 脂肪燃焼スープ 脂肪燃焼スープ バナナ以外の果物や、ゆで野菜・生野菜は自由に食べてOK。
ふらつくようなら、ごはん、うどんなどの炭水化物を少しだけ食べても。
ごはんならお茶碗に軽く1杯。
4日目
バナナの日
脂肪燃焼ジュース 脂肪燃焼スープ+バナナ1本 脂肪燃焼スープ+バナナ1本 タンパク質を補うため、500mlの無脂肪牛乳を飲む。
5日目
お肉・お魚の日
脂肪燃焼ジュース 脂肪燃焼スープ+
トマト2~3個、鶏肉か豚肉をゆでて調理したものまたは煮魚
脂肪燃焼スープ+
トマト2~3個、鶏肉か豚肉をゆでて調理したものまたは煮魚
1日の間に1.5L以上の水を必ず飲む。
お肉は好きなだけ食べてOK。
どうしても油を使いたい場合は、オリーブオイルをほんの少量。
6日目
牛肉の日
脂肪燃焼ジュース 脂肪燃焼スープ+ゆで野菜・生野菜、牛肉 脂肪燃焼スープ+ゆで野菜・生野菜、牛肉 牛肉は好きなだけ食べてOK。
食べたい人は2~3枚のステーキを食べても大丈夫。
肉の部位、焼き方も自由です。
7日目
ご飯の日
脂肪燃焼ジュース 脂肪燃焼スープ+
玄米ごはん
脂肪燃焼スープ+
玄米ごはん

玄米ごはんは好きなだけ食べてOK

6kg以上の大幅なダイエットを計画している人は、1カ月に2~3回のサイクルで実践するのがおすすめ。