グルテンフリーダイエット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

グルテンフリーダイエットとは?

グルテンをとらない食事方法をするのがグルテンフリーダイエット。カロリー計算よりも原材料にグルテンを含むものが入っていないかを重視して食事内容を決めるダイエット方法なのです。
グルテンフリーはグルテンにより強いアレルギー症状がでる、セリアック病の患者向けの食事療法でしたが、グルテンフリーを行うことで、痩せる、体調がよくなるということが話題になり、多くのセレブが取り入れたことで大きなブームになりました。糖尿病患者に糖質制限を行ったことで始まった”糖質制限ダイエット”のようなものです。

 

 

グルテンとは?

グルテンとは、小麦やライ麦などの穀物の胚乳から作られるタンパク質の一種です。
簡単に言えば、胚乳の中に含まれているグリアジンとグルテニンという2種類のタンパク質が含まれています。これに水を加えて練ると、グルテンになります。
グルテンが含まれる食材で代表的なものは、麩・麺類・パンなどです。
つまり、グルテンフリーダイエットは小麦粉がダメということです。

グルテンには中毒性があり、とり入れると食欲が増して過食になりやすいといわれています。そのためグルテンを控えると、自然と摂取カロリーを抑えられるというのが痩せる理由のひとつ。
さらにグルテンは腸内で炎症を起こし、消化不良を起こしやすくするともいわれています。
そうなると腸内は汚れ、腸から栄養を受け取る血液も汚れてしまうのですが、細胞はそのような血液からの栄養の受け取りを拒否するようになり、代わりに脂肪細胞へと蓄積され、肥満を招いてしまうのです。
ですからグルテンを控えると、胃腸の調子も上向き、スムーズに細胞に栄養がいきわたるので代謝もアップして痩せやすくなるというのも一因。
セリアック病やグルテン過敏症はアメリカではめずらしくありませんが、アジア人にはあまり多くないといわれています。しかし、日本でも特に女性に遅延型のアレルギーを持つ人が増えており、グルテンもそのアレルゲンのひとつだと考えられます。
遅延型のアレルギーは、食べてすぐに湿疹などの症状がでるわけではなく、食後じわじわと炎症を起こし、症状も集中力の低下やだるさ、むくみ、便秘など、一般的なアレルギーとは違った形ででるため気づきにくいのが特徴。

 

また、小麦にはアミロペクチンAというでんぷん質も含まれています。この成分は血糖値を急激に上昇させることで、過食を招いたり、脂肪を蓄積させるホルモンであるインスリンの分泌を高めてしまうのです。
さらに小麦や大麦を使った食品には、バターやショートニング、マーガリンなどの油脂類や糖分がたっぷりと含まれるパンやケーキ、たっぷりとオイルを使うパスタなど、高カロリーなものが多いので、グルテンを控えると自然と摂取カロリーが減ることでも痩せやすくなります。

 

 

グルテンフリーダイエットのやり方

グルテンフリーダイエットを行うには、麦類を控えなければいけないため、食べられない食品は多岐にわたります。たとえばパン、パスタ、ラーメン、ピザ、うどん、ケーキ、お好み焼き、ビールなど。
ですから麺類を食べるならつなぎのない十割そば、米粉を使うフォーを。パンやシリアルなら米粉や玄米粉を使ったものに。
さらに、麦類はしょう油やみそ、酢など、意外なところにもたくさん使われています。こういった調味料も、自然食品の店には麦類を使ってないものもラインナップされているのでそろえてみましょう。
しかし、完璧に除去しようとすることは難しいため、まずは減らしてみるということから始めてみるのがおすすめです。
代わりに炎症を抑える働きのあるオメガ3系の脂肪酸(しそ油や亜麻仁油など)をとる、野菜類をはじめに食べ、さらによく噛んで食べることで血糖値の上昇を抑えるなど工夫をしてみましょう。その際に、カロリーや量をあまり気にせず、しっかりとバランス良く食べていくというのが重要です。

 

gifbanner?sid=3140386&pid=882767580