生大根ダイエット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

生大根ダイエットとは?

「生大根ダイエット」は、誰でも毎日続けられるように非常にシンプル。
その方法とは、毎日1回、輪切り6cm(350gほど)の大根を火を通さずに食べるだけ。たったこれだけで、みるみる体重やウエストが落ちていくんです!いつでも誰でも試すことができるのでやってみれば効果のほどは明らかです。
6cmはけっこうな量ですが、淡白な大根のことですから生のままいくらでもアレンジは可能です。火を通さなければ、どんな食べ方でもいいんです。もちろん普通の食事をして大丈夫ですよ。

生大根がダイエットに効果的なのは、大根に含まれる辛味成分である「イソチオシアネ―ト」と、「アミラーゼ」です。各成分の働きは下記です。

▽ イソチオシアネート・・・大根の辛味成分であり、おろしたり、切ったりして大根の細胞が破壊されるときに発生します。加熱すると摂取効率が悪くなるので、生がおすすめ。イソチオシアネートは、抗酸化作用が強く、体内の活性酸素を減少させて代謝を上げてくれます。
▽ アミラーゼ・・・「大根に含まれる消化酵素です。ごはんやパンなどの炭水化物の消化を助けて、胃腸が働きやすい環境を作ってくれます。その結果、便秘が解消してすっきり。下腹部のポッコリに効果的です。

また胃腸の働きを整える食物繊維も豊富なので、ますます便通がよくなります。大根は水分量が多いので毎日6cmも食べれば満腹感も増して食事量はある程度コントロールできる上、代謝がよくなることでむくみなども取れます。だいたい2ヶ月で自分の体質の変化を実感できるということです。

 

生大根ダイエットの基本

1日、生の大根を300g食べます。
大根は小さいもので1本1kgとなり、太さにもよりますが、輪切りにすると5~6cmくらいで300gとなります。

 

大根おろしをするときの注意点
できるだけ汁ごと頂くのがポイントです。絞りすぎずに、ざるなどで軽く水切りする程度で頂きましょう。

 

生大根ダイエットの注意点

大根は美容に効く成分たっぷりの食材かといって、身体を冷やす作用もあります。生大根ダイエットは代謝を上げることで痩せられる方法ではあるものの、大根を食べることで胃腸を冷やす恐れがあります。
機能低下を起こす可能性もあるみたいです。それを予防するには、体を温める食材を一緒に摂ることです。体を温める食材には、ショウガ、唐辛子、玉ネギ、ニラ、小松菜、カボチャ、鶏肉、羊肉、カツオ、黒豆などがあります。 
こういったものと組み合わせて食べるようにします。さらにはくれぐれも大根しか食べない極端なダイエットにならないようにします。注意点に気をつけながら、おいしく食べて生大根ダイエットを行いましょう。