体脂肪危険度チェック


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

次の20項目のうち10項目以上あてはまる人は、体脂肪率が標準より高い可能性アリ。生活を見直して、気を付け付けましょう。

○ 振り返ってみると、最近ほとんど運動らしい運動をしていない
○ 食べるのが早く、あまりよく噛んでいない
○ 脂っぽい食事や、濃い目の味付けのものが好きである
○ そんなに食べていないつもりなのに、太りがち
○ 軽くジャンプすると、あごや二の腕、お腹の肉がプルプル揺れる
○ 運動した後はお腹が空いて、つい食べ過ぎてしまう
○ 1日でトータルしても、多分1時間も歩いていないと思う
○ 横向きに寝ると、お腹や胸の肉が床の方に垂れ下がる
○ 食事制限だけのダイエットをして挫折したことがある
○ 疲れやすく、階段の昇り降りでもかなり息が切れてしまう
○ スナック菓子が好きで、口寂しい時にはつい食べてしまう
○ 一度にたくさん食べる時と、少ししか食べない時がある
○ 体重は変わらないが、ズボン・スカートのウエストがきつくなってきた
○ 湯ぶねに浸からず、入浴はシャワーで済ませてしまうことが多い
○ 一度やせたのに、リバウンドでまた太ってしまった経験がある
○ 空腹でなくても、目の前に食べ物かあるとつい口に入れてしまう
○ 夕食は酒を飲みながらつまみを食べて終わり、ということが多い
○ 食事と食事の間隔が開いてしまいがち、または食事時間が不規則
○ お腹が空いていると眠れないので、ついつまみ食いをしてしまう
○ 両足を伸ばして座り、ひざの上の脂肪をつまむと2cm以上ある

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体脂肪はどうやって減らす?

食事
食事の量を極端に減らすと、体は入ってきた栄養をできるだけ蓄えようとするので、体脂肪は逆に増えてしまうことに。
食事の間隔が開き過ぎるのも同じこと。
量を減らすことよりも、質の高いものを1日3食、少量でも決まった時間に食べることが重要。
中でもビタミンやミネラル、たんぱく質は、体調を整えて体脂肪を燃やすためにも必要な栄養素。
十分に摂るようにしよう。

運動
体脂肪を燃やすためには、酸素を体に取り込みながら行う有酸素運動が効果的。
つまり、水泳、ウォーキング、エアロビクスなどが二重丸。
有酸素運動は、ある程度まとまった時間続けて行うことが重要ポイントだ。
また、筋肉は体脂肪を燃やす最大の組織。筋肉をつけることで基礎代謝量を上げ、運動をしなくても食べたものを消費しやすくなる。
筋肉のある体作りを目指すことも大切なのだ。

生活
有酸素運動は、一度に20分以上、毎日続けて行うのが理想的。
ただ、毎日の生活の中でも工夫次第でカロリー消費量は増やせるもの。
エレベーターを使わずに階段、帰り道は一駅分歩くなどの工夫はもちろんだが、日常生活をキビキビと行うだけでも消費カロリーは増えて効果はある。
身近なところから見直してみよう。