※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

解説


戦況


  • 初期配置
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
江入明図 封印の壺 __ 総合名簿よん 桂珪郎
B 霧好妹 九十九 旗頭相馬 ef
C 服部あすか 破壊王 紅輝 __ 久留宮羅麺 曽野内アタル
D 女王崎金魚 夢岸徹 鳴我狂牙 闇狂
E 乙無靴音 円城寺まつみ __ だんげじょーぶ博士 九十九ライ夫

【スタメン解説】

番長側


  • 総合名簿よん:ブロッカー(兼弱アタッカー)
  • 旗頭相馬:アタッカー(兼バリア能力者)
  • 久留宮羅麺:再行動能力者
  • 鳴我狂牙:アタッカー
  • だんげじょーぶ博士:リザーバー召喚能力者
  • 桂珪郎:ブロッカー(兼地雷化能力者)
  • ef:ブロッカー(兼ダメージ能力者)
  • 曽野内アタル:アタッカー(兼ダメージ能力者)
  • 闇狂:バランスアタッカー(兼防御ダウン能力者)
  • 九十九ライ夫:ブロッカー


生徒会側


  • 江入明図:壁破壊能力者(兼アタッカー)
  • 霧好妹:アタッカー
  • 服部あすか:移動能力者
  • 女王崎金魚:操作能力者
  • 乙無靴音:バランスアタッカー(兼ZOC突破能力者)
  • 封印の壺:ブロッカー
  • 九十九:ブロッカー(兼戦線離脱能力者)
  • 破壊王紅輝:広範囲殲滅能力者(兼アタッカー)
  • 夢岸徹:狙撃能力者(兼アタッカー)
  • 円城寺まつみ:カウンター防御能力者


戦力図概観


  • 番長側は久留宮の再行動にだんげじょーぶ博士の召喚即時行動を併用することで1ターンの最大移動距離6マスを持つ(通常は2マス移動なので実に3倍の移動力!)。
  • 一方、生徒会側も服部あすかの移動補助による最大4マス移動に加え、江入の壁破壊、乙無のZOC無視による高機動力を持つ。両陣営共に機動力の高い、強襲戦の様相を呈した。
  • その他の要素としては、生徒会側では破壊王の存在が大きい。「敵陣に辿り着きさえすれば75%で敵陣を半壊させる」能力者であり、江入の壁破壊と併せれば容易に敵陣に辿り着ける。だが、番長側にもバリア能力者の旗頭がおり、破壊王の能力を一度だけ牽制することができる。
  • 破壊王の殲滅力を旗頭で防ぎつつ、両陣営ともに高機動力をもって如何に相手に決定打を与えられるか、という点に集約されたゲームと言えよう。


1ターン目先手


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
江入明図 封印の壺 __ 桂珪郎
B 霧好妹 九十九 総合名簿よん 旗頭相馬 ef 久留宮羅麺 鳴我狂牙
C 服部あすか 破壊王 紅輝 __ 曽野内アタル
D 女王崎金魚 夢岸徹 だんげじょーぶ博士 闇狂 九十九ライ夫
E 乙無靴音 円城寺まつみ __

曽野内:能力発動
桂:A5
総合名簿:B5
旗頭:B5
ef:B5
久留宮:B6
鳴我:B6
博士:D5
闇狂:D5
ライ夫:D6


【解説】


  • 先手を取った番長陣営は前進。夢岸の狙撃範囲に久留宮を入れることができないため、久留宮の行動範囲は制限される。


1ターン目後手


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
__ 桂珪郎
B 封印の壺 九十九 総合名簿よん 旗頭相馬 ef 久留宮羅麺 鳴我狂牙
C 服部あすか 江入明図 霧好妹 女王崎金魚 乙無靴音 夢岸徹 破壊王 紅輝 __ 曽野内アタル
D 円城寺まつみ だんげじょーぶ博士 闇狂 九十九ライ夫
E __

壺 B3移動
九十九 B3移動
破壊王 C3移動
円城寺 D3移動 能力発動
夢岸 C2移動
江入 C1移動
霧好 C1移動
女王崎 C1移動
乙無 C1移動
服部 その場で能力発動 江入をβに


【解説】


  • 後手の生徒会側は破壊王をデコイ(囮)に用いる戦術。破壊王をC3に配置すれば、相手は旗頭を使って防御するか(旗頭が行動不能になる)、もしくは久留宮かだんげじょーぶを使って討ち取るしかない。
  • 生徒会側の事前のシミュレーションによれば、破壊王を討ち取るために相手が久留宮かだんげじょーぶを使えば(歯車川を召喚)、破壊王が倒されても有利という計算であった。
  • そのために円城寺をD3に置いて能力発動。「謎のカウンターが掛かっていれば、相手はびびってDラインからは攻めてこれまい」という目論見。
  • 一方、B3には封印の壺、九十九のブロッカー二枚を配置。この二人のZOCを抜けさせるために相手に久留宮の再行動を使わせるのが狙い。
  • 服部はC1にて能力発動。次ターン以降の4マス移動を準備し、機動力を確保する。


2ターン目先手


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
__
B 封印の壺 九十九 久留宮羅麺 鳴我狂牙 総合名簿よん 旗頭相馬 ef 桂珪郎 闇狂
C 服部あすか 江入明図 霧好妹 女王崎金魚 乙無靴音 夢岸徹 愛原豚姫 __ 曽野内アタル
D 円城寺まつみ だんげじょーぶ博士 九十九ライ夫  
E __

桂:B4
総合名簿:B4
ef:B4
久留宮:B4
鳴我:B4
旗頭:B4 能力使用 (ボーナス10使用)
博士:D3 能力使用豚姫召喚
闇狂:B5 
ライ夫:D4
豚姫:C3 破壊王を攻撃


【解説】


  • だが、生徒会の目論見も虚しく、相手は円城寺を恐れずDラインから侵攻。さらに生徒会側の盲点であった「愛原豚姫(アタッカー)」を召喚し、最小の損失で破壊王を討ち取る。「1対3」交換のはずが「1対2」交換になってしまった。
  • 番長側強襲作戦の要、羅麺はB4で仲間と共に旗頭の防御能力に護られる。夢岸の狙撃能力は通じない。
  • しかし、相手がB4、すなわち服部の移動範囲に固まったのは生徒会にとっては幸運であった。
  • DP差:番長(1)-生徒会(0)


2ターン目後手


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
A __
B 九十九 霧好妹 乙無靴音 総合名簿よん 旗頭相馬 ef 桂珪郎 闇狂
C 夢岸徹 女王崎金魚 服部あすか 江入明図 __ 曽野内アタル
D 封印の壺 円城寺まつみ だんげじょーぶ博士 九十九ライ夫  
E __

江入:C3移動
女性陣いんもーたるα解除
霧好:B4に移動 鳴牙に通常攻撃
乙無:B4に移動 久留宮に通常攻撃
女王崎:C3で待機
夢岸:C3に移動 豚姫に通常攻撃
封印の壺:D3に移動
九十九:待機


【解説】


  • C1で強襲準備をしていた生徒会メンバーが4マス移動を駆使し、B4の番長陣営に襲いかかる。とはいえ、B4にいる相手に能力は通じない。殴り込めるのは通常攻撃で敵を倒せる霧好、乙無の両名に限られた。
  • 霧好が鳴我を、乙無が久留宮を討ち取る。久留宮を倒したことで番長側の移動力・瞬間最大火力は大幅に減少。また、乙無はリーダーだったのでDP(ダンゲロスポイント)は倍の2DPを獲得。
  • DP稼ぎのために夢岸が愛原を討ち取った。
  • DP差:番長(1)-生徒会(4)


3ターン目先手


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
A __ 大剣月讀
B 九十九 霧好妹 総合名簿よん 旗頭相馬 ef 桂珪郎 闇狂 曽野内アタル
C 夢岸徹 女王崎金魚 服部あすか 江入明図 __
D 封印の壺 円城寺まつみ だんげじょーぶ博士 九十九ライ夫  
E __

増援出現位置:A7
桂:その場で能力使用(ボーナス7使用)
闇狂:B4移動 乙無に攻撃
総合名簿:霧好を攻撃
ef:乙無に能力使用(ボーナス10使用)
曽野内:B7移動


【解説】


  • 増援でランダム登場したのは大剣月讀。今回の戦いではほぼ意味のない能力者で、番長側にとっては残念な増援キャラとなった。
  • 番長側は闇狂、efの攻撃で生徒会のリーダー乙無を落とす。リーダーが敵リーダーを倒したため、獲得DPは倍の倍で4DP。DP差を取り戻す。
  • しかし、総合名簿よんの攻撃はハズレ。霧好は生き残った。
  • 桂は能力使用し地雷化する。以降、桂と同マスで行動終了した生徒会メンバーは精神値次第で死亡することになった。
  • DP差:番長(5)-生徒会(4)


3ターン目後手


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
A __ 大剣月讀
B ぺん3   封印の壺 総合名簿よん 旗頭相馬 ef 江入明図 曽野内アタル
C 夢岸徹 女王崎金魚 霧好妹 __
D 円城寺まつみ 九十九ライ夫  
E __

ぺん3:B2に出現
九十九:B4移動、桂に能力使用
夢岸:服部に通常攻撃
霧好妹:C3移動
江入:B4移動、闇狂に通常攻撃
円城寺:だんげじょーぶに通常攻撃
女王崎:待機
封印の壺:B3移動、能力使用


【解説】


  • 生徒会側増援はぺん3。能力は使えないがアタッカーとしては優秀なユニットで、運の良い増援と言えた。
  • 九十九(敵と自分が同時に戦線離脱)は本来efを道連れに消えるはずだったが、桂の影響力が無視できないと判断。標的を変えて桂と共に消え去った。
  • 続いて、生徒会の江入が番長側の闇狂を討ち取る。これで番長側の実質的な攻撃力はefと総合名簿よんだけに限られた。旗頭は能力使用により行動不能となっており、曽野内は夢岸に牽制されて動けない。
  • 転校生に「天”のちびっ子殺害機械V」が来た場合、大剣が能力使用可能になってしまうため、万一に備え「封印の壺」が能力発動。これで転校生登場による「紛れ」を抑えた。
  • 円城寺はだんげじょーぶ博士を討ち取り、DPを稼いでおく。
  • DP差:番長(5)-生徒会(6)


3ターン目転校生登場


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
A __ 大剣月讀
B 鳴神雷鳥 ぺん3   封印の壺 総合名簿よん 旗頭相馬 ef 江入明図 曽野内アタル
C 夢岸徹 女王崎金魚 霧好妹 __
D 円城寺まつみ 九十九ライ夫  
E __

B1に転校生:鳴神雷鳥が出現 ターゲットはぺん3に


【解説】


  • 封印の壺の能力効果により、登場する転校生は7種類のうち4種類が封じられ、結局、登場したのは「“雷”の鳴神雷鳥」であった。雷鳥は残り3種の転校生の中では、もっとも盤面に及ぼす影響が大きいと見られる転校生である。
  • その雷鳥は現れたばかりのぺん3をターゲットに設定。両者の位置関係からして、ぺん3は回避不能である。
  • DP差:番長(5)-生徒会(6)


4ターン目先手


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
A __ 大剣月讀
B 鳴神雷鳥 ぺん3   封印の壺 旗頭相馬 ef 江入明図 総合名簿よん 曽野内アタル 悪鬼悖屋Sucie
C 夢岸徹 女王崎金魚 霧好妹 __
D 円城寺まつみ  九十九ライ夫
E __

増援登場位置:B7
総合名簿:B6移動
ライ夫:D5移動
  • DP差:番長(5)-生徒会(6)


【解説】


  • 番長陣営、二人目の増援は悪鬼悖屋Sucie。アタッカーを三名も召喚する能力者である。使い勝手はあまり良くなく発動率も不安が残るが、劣勢を覆せる可能性を持つ幸運な増援と言えた。
  • 番長側はBライン寄りに布陣し、悪鬼悖屋Sucieの召喚アタッカーを活かせる形を作る。


4ターン目後手


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
A __ 大剣月讀
B 鳴神雷鳥   封印の壺 旗頭相馬 ef  総合名簿よん 曽野内アタル 悪鬼悖屋Sucie
C ぺん3 公文崎学 夢岸徹 女王崎金魚 霧好妹 江入明図 __
D 円城寺まつみ  九十九ライ夫
E __


公文崎:C3出現
ぺん3 C1に移動
霧好 待機
江入 C3に移動
夢岸 待機
女王崎 待機
円城寺 待機
壺 休み
  • DP差:番長(5)-生徒会(6)


【解説】


  • だが、ここで生徒会にとっては大ラッキー。現れた増援は公文崎学。敵陣営に未だ残る脅威、efを確実に消し去れる強キャラである。
  • ぺん3はC1に移動。雷鳥を誘導。efを確殺できる現状、生徒会にとって最悪の展開は雷鳥が番長側に討ち取られることであるが、それを防ぐため自陣最奥に誘導することとなった。さらに次ターン、女王崎で雷鳥を操作する目論見もある。


4ターン目転校生


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
A __ 大剣月讀
B   封印の壺 旗頭相馬 ef  総合名簿よん 曽野内アタル 悪鬼悖屋Sucie
C 鳴神雷鳥 公文崎学 夢岸徹 女王崎金魚 霧好妹 江入明図 __
D 円城寺まつみ  九十九ライ夫
E __

雷鳥 C1移動 ぺん3に攻撃


【解説】

  • 生徒会側の予定通り、雷鳥がぺん3を攻撃。
  • 次のターゲットは番長側の悪鬼悖屋Sucie。
  • DP差:番長(5)-生徒会(6)


5ターン目先手


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
A __ 大剣月讀
B   封印の壺 ef 旗頭相馬   総合名簿よん 曽野内アタル 悪鬼悖屋Sucie チームS1 チームK チームS2
C 鳴神雷鳥 公文崎学 夢岸徹 女王崎金魚 霧好妹 江入明図 __
D 円城寺まつみ
E __  九十九ライ夫

ef:B3移動
Sucie:その場で能力発動(応援ボーナス10)
ライ夫:E6


【解説】


  • efは公文崎の攻撃を逃げ切れない。下手に下がればライ夫、総合名簿も公文崎の能力に巻き込まれることになる。efは仕方なく前進。
  • 悪鬼悖屋Sucieはアタッカー3名の召喚に成功。
  • DP差:番長(5)-生徒会(6)


5ターン目後手


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
A __ 大剣月讀
B   旗頭相馬   総合名簿よん 曽野内アタル 悪鬼悖屋Sucie チームS1 チームK チームS2
C 鳴神雷鳥 女王崎金魚 __
D 円城寺まつみ 夢岸徹 霧好妹 江入明図 封印の壺
E __  九十九ライ夫

公文崎:B2で能力使用
女王崎:C1移動、鳴神に能力使用(応援ボーナス8)「命令は”おすわり”」鳴神は次の行動で移動せずその場で待機
封印の壺:D3移動
夢岸:D3移動
霧好:D3移動
江入:D3移動
円城寺:待機

鳴神 雷鳥:その場で待機


【解説】


  • 公文崎がefと共に消え去る。これで番長側の実質的攻撃力は総合名簿よんのみとなり、生徒会側を討つことは不可能となった。
  • さらに女王崎が雷鳥の操作に成功。雷鳥を手元で飼い殺しにする。転校生により盤面がかき乱される危険性もほぼなくなった。
  • DP差:番長(5)-生徒会(6)


6ターン目先手


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
A __
B   雷真 米ット   あやまだS1 刃葉破 箪笥 あやまだ あやまだK あやまだS2
C とりせつ ENT __
D 鳩子 ももじ 今日知ろう 白金 ふきゅう
E __ 宇如 

大剣:B7に移動
チームS1:B5に移動して総合名簿よんを触手レイプ
総合名簿よん:B4移動して「らめえええええええええ」と喘ぎながら能力発動

SKSたちは、全ての触手の祖『たびびと』となった!

ライ夫:能力使用 チームS2のたびびとさんたちを女性化
チームKのたびびとさんたち:チームS2のたびびとさんたちをレイプ

「はあん! やったぁん! ついに触手を味わうことができた……!
ぁはっ、これが触手の味なのね! 今まで私が信じてきたことは正しかったんだ!
もはや悔いはないわ! もっと! もっと奥まで……!」

【投了】


【解説】


  • 6ターン目先手にて番長側投了。なお、図中の名称が変化したのは、総合名簿よんの能力によりキャラクター名がプレイヤー名に置き換わったためである。


【結果】


勝利チーム:生徒会
総合MVP:稲枝ケイジ
生徒会MVP:【期待のルーキー】夢岸徹
番長グループMVP:稲枝ケイジ



(文責:架神恭介)