※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

九十九ライ夫(つくも らいお)

【 性別 】:無性
【 学年 】:その他
【 所持武器 】:なし
【 攻撃力 】:1
【 防御力 】:15
【 体力 】:11
【 精神力 】:3
【 FS名 】:滾る性欲
【 FS 】:0

特殊能力名 性なる奇跡 97%

 無性のキャラクター一人を男性または女性に変更する。

 効果:性別変更:10%
 対象:周囲二マス以内一人:2倍
 時間:二ターン:2倍
 消費制約:防御力5消費:25%
 制限制約:無性にのみ有効:0.7倍

 効果数値=10%×2×2×0.7=28%
 発動率=(100%-28%+25%)×(1+1×0.0)=97%


キャラクター説明

人形に生命を宿らせる能力を持つ魔人「九十九操緒(つくも みさお)」が幼い頃から愛用している巨大なライオンのぬいぐるみ。
彼にとって操緒は大切な主であり、幼い彼女に生命を与えられて以来ずっと守り続けていたのだが、やがて人形でありながら彼女に強い恋心を抱くようになる。
また同時に彼女に対して性的な欲望も抱くことになるのだが、ぬいぐるみである彼は性的な能力を持たず、彼女と結ばれることはおろか性欲を発散させることも出来なかった。
だが募る想いと性欲に苦しんだ果てに、彼はぬいぐるみでありながら魔人として覚醒し、性的な能力を手に入れ、遂に操緒と(割と強引に)結ばれることに成功する。
以来彼は主との爛れた日々を過ごしつつ、手に入れたその能力で自分と同様に性別によって苦しむ者がいたら手助けできるように活動している。


○九十九操緒

幼い頃から友達はおらず、家に沢山ある人形と遊んでばかりの日々を過ごしていた。
そんな彼女の寂しさから、魔人に覚醒して「人形を九十九神にする能力」を手に入れた。
人間の友達は相変わらずいなかったが、九十九神となって命を得た人形たちに囲まれて彼女から寂しさは拭われた。
特に巨大なライオンのぬいぐるみ「ライ夫」は彼女のお気に入りで、ほとんど四六時中彼を傍に置いていた。そのため魔人であることは一目瞭然で様々なトラブルに遭遇することになるが、常に傍に侍るライ夫によって守られ続けてきた。
人形以外にほとんど友達のいない彼女にも優しく接してくれた従兄弟のお兄さんにかつて淡い恋心を抱いていたが、ライ夫と結ばれてからは彼に完全にメロメロになってしまっている。