※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

無礼君

【 性別 】:男性
【 学年 】:2年
【 攻撃力 】:20
【 所持武器 】:マッスル
【 防御力 】:4
【 体力 】:4
【 精神力 】:1
【 FS名 】:控え目
【 FS 】:1

特殊能力名 上座土下座 100%

効果:精神力への通常攻撃 20
範囲:同マス敵味方全員(不利益) 0.8
時間:一瞬(単発) 1
制約無し 10
範囲調整 5
FS 1
(100-20*1.2+10)+10*1.1+5=99.6=100%

能力原理
ボディビルダーとしての破壊力と、ハイレベル人道作法貴族としての恐縮さを兼ね備えた上座からの土下座を見ると、深い感銘を受けつつも理解不能な状況に困惑し、ちぐはぐさを感じて、落ち着かない気持ちになる。

キャラクター説明

世界中の男性・女性の顔を平均化していくと美形になる話のとおり、ボディビルダーを平均化していったような青年。
礼儀に関する英才教育を受けており、見た目と行儀作法のギャップがあいまって聖人君主のさまを思わせるが、割と単細胞。
かつては礼儀宮土下座三郎(れいぎのみや・どげざぶろう)という由緒正しきハイレベル人道作法貴族のプリンスだったのだが、お辞儀が音速を越えたり対面式垂直土下座で地盤沈下したので勘当された。実父から「無礼君」という新しい名前(無礼者という無礼な言い方をしない)を授けられた。