ストリーム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ストリーム系述語 see/2,get0/2,tell/2,put/2
  ファイルのオープン・クローズ、また、入出力に関する述語を説明します。

  • see/2
  seeは第一引数を入力ファイルとしてオープンし、そのストリーム値を第二引数の変数にユニファイする述語です。
  このストリーム値を後述するget0などの第一引数に渡すと、指定ファイルからの入力が可能となります。
  seeのあとは、入力終了後に必ずseenという述語にストリーム値を渡してクローズする必要があります。

  • get0/2
  get0はseeの第2引数に返されたストリーム値を渡すことで任意のストリームから読み込むことの出来る述語です。
  入力値は1文字ずつ取り出され第二引数に文字コードで返されます。

  • 例 see,seen,get0
test:-
kanji_mode(_,on),
see('a.txt',S),
	repeat,gets(S,X,N),f(X),N=:=1,
seen(S).

f(X):-name(Y,X),write(Y),nl.

gets(S,L,N):-get0(S,X),gets(S,X,L,N).
gets(S,4,[],1):-!.  %for Linux
gets(S,26,[],1):-!. %for windows
gets(S,10,[],0):-!. %LF
gets(S,13,[],0):-!. %CR
gets(S,31,[],0):-!. %for az-prolog
gets(S,X,[X|L],N):-gets(S,L,N).

a.txt(事前に作成しておきます)
0123456789
あいうえお
Hello
今日

  • 解説
  testという述語は最初にsee述語でa.txtというテキストファイルを読み込んでいます。
  次に使用されているrepeatという述語は、その述語以降でfailが起きた場合に、処理を繰り返す述語です。
  ここでは、ファイルの終了フラグN=1が立てられるまで、failさせて繰り返す使い方をしています。
  get0は読み込まれたファイルの値を1文字づつ取り出しています。

  fという述語は自作の述語です。
  ここでは単にgets述語で得られたjisコードを格納したリストをアトムに型変換して
  write述語でインタプリタに出力しているだけの述語です。
  最後にseenによって入力ストリームをクローズしています。
  なお、この例では文字コードをWindows環境を想定して作られているため、環境が異なる場合には、
  EOFや改行コードが異なる場合があります。

  • 実行してみましょう
  ?-test.
  123456789
  あいうえお
  Hello
  今日

a.txtの内容がget0で取り出された文字コードの形で出力されていることがわかります。



  • tell/2
  tellは第一引数を出力ファイルとしてオープンし、そのストリーム値を第二引数の変数にユニファイする述語です。
  このストリーム値を後述するputなどの第一引数に渡すと、指定ファイルへの出力が可能となります。
  tellのあとは、必ずtoldという述語にストリーム値を渡してクローズする必要があります。

  • put/2
  putはtellの第2引数に返されたストリーム値を渡すことで任意のストリームに出力することの出来る述語です。
  入力値はアスキーコードとして認識され、出力時には対応する文字が出力されます。

  • 例 tell,told,put
test:-
  see('a.txt',S),
  tell('b.txt',S2),
    repeat,get0(S,X),put(S2,X),X=:=26,
  told(S2),
  seen(S).

a.txt(事前に作成しておきます)
1
2
3

  • 解説
  上記の例は最初にsee述語でa.txtというテキストファイルを読み込んでいます。
  次にtellで出力先のファイルb.txtを指定しています。
  そして、get0によって入力ファイルの値を取得し、putで出力ファイルへ書き込みを行っています。
  以上の処理を入力値がファイルの最後(EOF)となるまで、repeatで繰り返しています。
  最後にそれぞれ、toldとseenで出力ファイルと入力ファイルをクローズさせています。

  • 実行してみると、a.txtと同じ内容のb.txtというファイルが作成されます。


まとめ

今回は以下の事を学習しました。
  • 入出力ストリームのオープン・クローズ